おとにあわせてアニメーションを作ろう

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
  • slide
きこえた短い音にアニメーションをつける

今回のワークショップでは参加者みんな、それぞれの短い「音」が割り当てられます。
その音を聞いて自分流の擬音語で言い表します。例えば「キランッ」や、「ぼよよーん」など。

その音に3枚の絵でアニメーションをつけていきます。アニメーションを描くときに使って良いかたちは

「まる」「さんかく」「しかく」「ほし」のみ。あとは点や線での「あじつけ」はOK。

「パラパラまんがみたいに3つの紙で、わたしは『ぴゅーん』をしました。おとにあわせて、えをかくのが楽しかったです(9才/女の子)」「かんがえるのが、たのしかった(6才/女の子)」

さいごはDJパッドでみんなのアニメーションと音を演奏して遊びました♪

Category : Animation ミュージック

Part : TETSUJIN Original

[ comment ]

【実施】

2016/08/03「遊べる!デジタルアート展」アクロス福岡

2016/08/20「高遠KONJAKU STORY展」長野県高遠美術館