SICF19、無事終了しました。来てくださった方ありがとうございました!ブースがお客さんでごった返してとても充実した2日間でした。
そして、オーディエンス賞を受賞しました!!

審査員の方の一人にも作品を体験してもらわないまま審査された(苦笑)事に相方は大分不満だったようですが、体験こそが作品の肝なので結果を聞いた時に、やはりこうきたか!と爆笑してしまいました。
体験してもらわんと分からんよと思いつつも、何故か爽快。

色々展示してきてTETSUJIN作品がどう見られるのかも感触がつかめてきました。
アート作品としてコンセプからきちんと作っていますが、広告業界で培って来た事、コンサート・エンターテイメントで培ってきた拘りも全投入しています。それによる勘違いが起こるのも、自分たちが属するフィールドがない事も分かってきました。だからこそ自分たちのスタンスを貫き通し、自分たちのフィールドを自ら切り開いて行かなくてはならないと思っています。

今回も素直に作品を楽しんでくださる方もいれば、これは商品持ってきたの?とか、楽しいだけなの?と固定概念で見てくるお客さんもいて、そういう方には丁寧に説明して、とにかくまあ体験してくださいよ♪と、半強制的にホウキをお渡しします。すると、なんじゃこりゃ~っそういうことなんだ!と意見が変わっていくのがすごく通快でした。それが幾人も。

確実に場が変わっているし、色々な人に言われたけれど常にお客さんが盛り上がっている。
さあ!次はどうやってお客さんを楽しませ、どの想い、どの感情をぶつけていこうかな。

来年の受賞者展も今からワクワクしています。